ソニー MS ソフト大量投入− 任天堂との戦い

長い目で見ると、ソニーの方は任天堂に並びそうですけど、MSは海外で頑張ってね。
Wiiリモコンの(開発側の)複雑さのせいか、斬新なゲーム出てませんからね。
加え、据え置き型ハードにしては余りに本体の処理能力が低すぎます。
前にも紹介した本、「プレステ3はなぜ失敗したのか?」が発売しましたが。
実際、完封負け決まってる状態ならそんなの出してる余裕ないと思います。


次世代ゲーム機戦争、第2幕へ=アピール合戦過熱―東京ゲームショウ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070920-00000250-jij-biz
9月21日6時0分配信 時事通信
*次世代ゲーム機戦争の第2幕が始まった。20日、千葉市・幕張メッセで開幕した世界最大規模のゲーム展示会「東京ゲームショウ2007」では、正念場の年末商戦に向け、ゲームソフトなどで各社のアピール合戦が早くも過熱化。次世代ゲーム機が初登場した昨年が前哨戦の第1幕なら、次世代機が本格的に出そろった今回は真っ向勝負の場だ。 
最終更新:9月21日6時0分
2007年09月21日
posted by なおなお at 07:44 | ゲーム アニメ

プレステ3はなぜ失敗したのか? と言う本

1 クマ(長屋) 投稿日:2007/09/09(日) 13:16:45 ID:+WwnbvsN0●

前世代のPS2が圧倒的勝者で今回も大本命視されていただけに、
「失敗している」という印象がどうしても持たれてしまっていますよね。

ゲーム業界でメシを食っているファミ通などはダイレクトな批判が出来ず
できるかぎり擁護の記事が多いですが、
日経とかで、特にゲーム宣伝記事などを手がけていない記者とかだと、
結構辛辣な批判が出ていたりもします。

稚拙な「だまし」だと、今のネット時代では逆効果になりかねませんけどね。
中身もないのに、やらせブログとかで煽っても、さすがに見抜かれてしまいますし。

状のPS3ではゲーム機としてはXbox360やWiiとの明確な差別化ができておらず、
ゲーム以外の部分についてもまだ「あるといろいろできる」程度で、
「ぜひともほしい」というところまで行けていないように思います。
AV機能に関しては麻倉氏が「20万の価値がある」とか言っており、
魅力は発揮できてはいますが、
何分この手の価値を見いだしてPS3を買うような層は
PS3のビジネスモデルを成り立たせられるほどの数は存在しませんからね。


http://d.hatena.ne.jp/wapa/20070908/p1


本当に失敗したと思っているならこんな本を出している余裕はないはず。
1,2年先の事を考えるとまだ失敗とは言い切れない気がします。
2007年09月10日
posted by なおなお at 07:01 | ゲーム アニメ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。