携帯電話 調査メモ

携帯に関するアンケート形式のメモ(大半を占めた意見)

世代による使い道
10代:電話・メール・サイト閲覧・ブログ(サイト作成)・お小遣い稼ぎ
20代〜30代:電話・メール・サイト(確認)・チケット予約等の通販
40代:電話・メール(仕事用)
50代:電話
なおなお:電源切れてても気が付かないぐらい使わない


なおなおの偏見
以前よりも操作やシステムが簡単なお陰か、用途の幅は広がった気がするが。
枠内でしか動けないユーザーが大半の為、大手サービスに程よく騙されている感じか。
PC慣れしている方は、携帯サイトはチェックでしか使用しませんね。


改善されたと思う点
・無い(80%以上が去年と変わらない)


困る事
・スパムメールが酷い

なおなおの偏見
簡単にメルアド登録するからだと・・・・今の世は100%近くメールがスパムですよ。


・2年契約が長い
40代前の世代に多い意見。
50代を越えるシニア層は、壊れない限り余り機種変更を対して考えない。
なおなお:簡単に他に変更されると偉い人は困るのですよ。


ドコモ DoCoMo

i menuに関して

10代(前半):以前より賑やかで良い
20〜40代:設定変更にしか使わない(広告が多くて鬱陶しい)
50代〜:見ない・使わない
なおなお:メッセージR・Fがデフォ設定の時点で鬱陶しい


フリースペースで多かった意見

1位:三菱カムバック (意外と愛されていたんだね)
2位:空白 (1位だと思ったのに・・・・)
3位:フルパケ安くして (確かに高いね)

なおなおの偏見
パナソニック(旧・東芝)もたまに思い出してあげて下さい・・・・


i phone

地方:都心と違ってスピードが出なさそう
都心:既に i pod or i touch と携帯を持っているので買う要素が無い

なおなおの偏見
住んでいる地方により意見が割れた事に笑いました。対して変わらないのに・・・・
シニア層は関心が全く無いですが、そもそもターゲット層違うので仕方ないですね。
2008年10月18日
posted by なおなお at 22:51 | 携帯 i touch

n906 レビュー 不具合?  欠点の集合体

店員が「買わない方が良い」と言う、太鼓判を押すだけの事があり。
ナカナカの性能を誇っている・・・・ぶっちゃけると、ただの欠陥品と言う説もある。

n905を使っている、又は知り合いが使っているのを見た事がある方で
電池の消耗が早いと思っている方・・・・今回は数字が上がり無駄にレベルアップ。

 ν906は伊達じゃない! (燃費の悪さが)

ワンセグ起動と共に1本減るN905iの消費量ですら、今回のn906に比べるとマシだと思う。
設定をしていた時に、1時間ぐらいで電池切れそうにだったので。
どのぐらいバッテリーが持つか、完全に充電してから試してみたが・・・・・

通話・・・・ 40分弱 説明書では220分
ワンセグ・・30分程 説明書では200分

両方ともほぼ停止状態だったので、時間の法則が乱れているのかと思ったが。

不具合なのか「ソニータイマー」のような「NECバッテリー仕様」なのか?
と言う事は、NECが公式発表でもしてくれないと判らない。

「NECのバッテリー換算は現実時間の1/4ぐらい」・・・・よしこれでOK


燃費が悪くなったが、これはムルエラゴがレベントンに進化したと同じだ・・・・
と無理に自分で言い聞かせる、そうでもしないと話が先に進まなく。
寝れないと言う、重大な欠点を抱えた時間になっている。(現在3時40分)

最後の関門・・・・と言うか、完全に使う気を無くさせる、恐怖のIアプリ+Iメニュー
一瞬見てASPの契約画面か?と思える程、凄まじい広告の嵐・・・・・・・


なおなおにより、無事セカンドライフ第3号に認定されました、おめでとうございます。

1 リンデン・ラボ
2 YAHOO検索&携帯コンテンツ
3 ドコモIメニュー


906シリーズは本当に辞めとけ、本当にただの繋ぎだ・・・・だから対した広告も打ってないだろう。

と言うより暫くロク携帯が出無い。個人的にはデジタルペーパー携帯が本命。

「i phone」が来ても代理店がクソフトバンクとか、通信速度で既に終わる気満々。


ちなみになおなおは・・・・

KDDI<9433> ソフトバンク<9984> の社員
NEC<6723> NECモバイル<9430> 空売中

どちらにも当てはまっていません、素直に使った感想を書いただけです。


余談
Docomoで一番早い速度(7.2Mbps)出せるのは、 L705iX だけと書いてましたが。
PRADAの携帯忘れてましたね・・・・確かアレも一応出るハズです。
調べるのもダルイので、いつも通り投げっぱなしで・・・・・

バッテリーは前も同じ状態でして、不良品扱いとして変更可能らしいですが。
ドコモやNECのサイト発表の、性能の誇張表現には入らないのでしょうか?

ネットワークスピード等の問題ですと、無線周波数・・・(以下略)を使った言い訳はできますけど。
ハード的な面でこの状態が続いていると、段々と言い訳も難しくなってくると思うのですが・・・・
2008年06月19日
posted by なおなお at 03:51 | 携帯 i touch

N906i レビュー

発売日だったので買って来ましたが。このまま続けていくと携帯が何台になるのか謎です。
以前に買った n905i も記事書いてから、実際対して使って無いのですが。
とりあえず、人柱としてのレビューになると思います。
買う前に、ビック○メラの店員が「辞めて置いた方が良いですよ」と言っていた・・・・・

見せてもらうか、N906i の実力を!

とりあえず大きさ・・・・


n906


以前(N905i)と全く変わらず

気を取り直し、内部写真。

n906i レビュー

夜のお仕事をしている方向け・・・? 御用達の様な配色だ。
選んだ色が悪かったのかも知れんが、個人的に黒以外は持つのが嫌だ。


そして性能

カメラ画素数:520万(n905時代から変わらん)
通信速度  :FOMAハイスピ(3.6Mbps)

ちなみに・・・・ Docomoで一番早い速度(7.2Mbps)出せるのは、まだ L705iX だけです。


結果

N905と機能も対して変わらなく、店員が止めた理由が良く判る。
905より良くなった点は。内部処理スピード(電話帳を開く等動作)が早くなったぐらい。
後はゴタゴタした、対して必要無いアプリが沢山付いただけ。

もし買おうとしている方いたら、「辞めておけ」と自信を持って言える一品。


以前:n905i レビュー

余談だが・・・・n905iも発売した後「Pシリーズに変えてくれ」という人が多かったそうだ。
2008年06月18日
posted by なおなお at 22:00 | 携帯 i touch

ソフトバンク <9984> − 自滅の予感

筆頭契約候補であったNTTドコモは、Appleへの還元金が高いと言う事で諦め。
今の所ソフトバンクが、販売代理店の形を取ったがというのは事実だが。

こちらは予想になるが、ドコモは無理にアップルと契約する必要ないだろう・・・・・
既に携帯事業でドコモとGoogleは提携している。
Googleは少し遅れるが、ホワイトスペース周波数と言う。
今の光通信より、数100倍もの通信速度の計画も行っている状態だ。

参考記事:Google WiFi 2.0 ホワイトスペース周波数


「ホワイトプラン」と言うただの値下げで、他ブランドも簡単に真似ができる販売方法。
しかし、それでいくらシェアを伸ばしていても、学生と言うターゲット層の室が悪すぎる。

そして過去にも色々実績のある、ソフトバンクの通信技術で。
iphoneが本当に快適に動くのか?と言うのが一番の問題だとは思う。
YAHOO!のADSL開通時のような事が、起きる可能性は否定する気も無い。


長い前フリだったが・・・・SEOブログでも書いているように。
最近は、非常に営業電話がウザイので、とっとと帰って欲しいと言う本音である。

2008年06月07日
posted by なおなお at 03:48 | 携帯 i touch

三菱 携帯 撤退

今までスライドケータイ等の採用をしていた、 三菱電機<6503>ですが。

今回発表のFOMA D705iを最後に。
携帯電話での開発 生産 事業から、撤退するとの発表がありました。

ちなみに、今春発売を予定であった D906iも発売中止になります。


今後は携帯電話の技術を応用し、今後はカーナビ等の分野に投入するとの事です。

ドコモの携帯の中でもいつも注目度の低い、Dシリーズなので仕方ないのかも知れません。

理由は聞くまでも無いでしょうが、当然の如く赤字続きでとの事。

携帯事業は儲かると思うかも知れませんが。
携帯は開発にコストがかかる割に、サイクル期間が短いと言う欠点があるんですよね。

本日、三菱電気の方から。今回の件について正式に発表されるそうです。


久々に携帯 ipod touchカテゴリの更新ができました・・・・

備考
三菱電機(株) <東証1部:6503> 株価
2/29 終値 975 前日比 -32(-3.18%) 出来高 6,252,000
http://rd.nikkei.co.jp/stock/h/6503

赤字続きの分野からの撤退が、好材料と見られるか微妙な所です。
2008年03月03日
posted by なおなお at 05:26 | 携帯 i touch
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。