ヤフー 株値と他のIT株値

YAHOOJ!APAN<4689>の方だが、今日は非常に上げ幅が大きい企業が多く異常と思える。
グッドウィル<4723>が上がったのはある意味奇跡だが、先は見えてる気がする。

今日はIT企業の株値で、S高になる所もチラホラ出ているが。

私の適当に管理してるポートフォリオでも、今日−で終了したIT企業は少ない。
・ヤフー 4689
・ニイウス コー 2731
・JSC 3822
・GMOインターネット 9449

ヤフーの他は下がるべくして、下がったと言う気がするので仕方ないが・・・

やはり、ソフトバンク<9984>も今日の他と比べると少々悪い。


ITと少し離れるが、何点か注目しているのもある。
・任天堂<7974>
・ソニー<6758>
・松下電器産業 <6752>
・東芝<6502>

任天堂は来年度で、今年の収益を上回るのが難しいと思うので下がるのも仕方ないと思う。
ソニー、東芝、松下(そろそろパナソニック)に関しては、次世代DVDの規格がやはり大きい。
東芝が「HD-DVD」を事実上の撤退し、ソニー・松下支持の、BR(ブルーレイ)統一の動き。
この辺りは、来年度で伸びの要素になるか。

東芝のHD-DVDを買った方は。ベータ・VHS時の、ベータ扱いになってしまうのだろうか・・・


今日の終値を見て、どうも解せないのは銀行と金融。
みずほが悲惨なのは、いつも通りなのだが。3メガバンク揃って−終値、金融は+の所が多い。
・・・・少し考えると自分の中では結果が出た。


後は遊びのような物だが。
トランスデジタル<9712>12円まで下がった、11円か10円ぐらいになると少し欲しい。

上がるのは良いのだが。サブプライム損失の見込みも立たないしこの後また下がる。
と思ってしまうと、どうも積極的な買いに出る事が出来ない。


関連記事:株価 日本借金 うまい棒
2008年02月18日
posted by なおなお at 17:07 | IT 株式 ニュース

なおなお名画劇場

コラブロさんネタのタネより、今回のお題が:お勧めの映画。
・・・・どうもこういうのは、マイナーな物になる気がします。
やばげな映画の大半を制覇し、カルト映画レビューしていたぐらいです。
と言う訳で、私の基準で素敵と思われる映画をお伝えいたします。
変な物しか見ていないと思われると、どうかと思うのでまずは普通の映画から。


感動作品:ライフイズビューティフル

一応普通の映画も見るんですよ、泣く事が無いので感動してるように見えませんが
強制収容所の話で、親子愛テーマなのですが。ラストのお父ちゃんが・・・・ガラになくしんみり

アウシュビッツ=収容所と思う人がいますが、あれは沢山ある中1つで実際は沢山あります。
ガス室のイメージが強いですが。軍事用の強制労働所と言う方が正しいかもしれません
二次大戦中のドイツで有名な物にV2ミサイルがありますが・・・・・映画の話なので次へ。


影響を受けた映画:スターウォーズ

どこに影響受ける?フォースが使えるようになるんか?ダークサイドに落ちたか?
と言わんといて下さい。

あくまで影響を受けたのは ダースベイダーの格好 だけです。

なおなおは、例えオフ会が夏にあってもマントを愛用しています。

この映画は昔から好きでよく見ていましたが。未だ初版スターウォーズを見た事無いです。
初版と言うと普通の4だと思うかも知れませんが。売れたせいか凄くリテイクされてます。
前フリの時点で長くなりそうなのでここで切って次へ。


笑えた映画:劇場版テニスの王子様

説明がいるのでしょうか。
いつ提携したのか謎ですが、ドラゴンボールとFFのコラボによる作品。
CG使わず実写化して欲しいNo1映画ですが、メテオのシーンは自主規制して下さい


最優秀賞:該当無し

素直に面白いと思える物が無いんです。
名作と言われたタイタニックですら、映画館で座った30分後には爆睡してました。
ロードオブザリングも、指輪物語を10数年程前に読んでいたので別に何とも言えないです。




さて異常に長い前フリが終わり。ここから本当の「オススメカルト映画」になります。
候補を絞っている内に、洋画を入れると途方も無く多くなってしまい。
別のサイトになってしまう気がしますので、頑張って極力邦画にしぼりました。
諸事情により、急遽ランク分けになりましたがとりあえず発表。


銅賞:シベリア超特急シリーズ
シベリアで銅賞か・・・と言わないで下さい。まだ辛い映画は日本にも結構あります。
日本映画カルトの帝王、水野晴男氏による監督・主演の3作品。
カルトをこれから見始める方にオススメです。水野氏が途中寝てるのでは?と思われますが。
御大が起き、長々とした棒読みが始まると。このシリーズの映画が終わる前兆です。


銀賞:妖星ゴラス
アルマゲドン、ディープインパクトと同じストーリーですが。
南極にロケットを付けて地球の軌道を変え隕石から逃れる、と言う凄まじい科学の進歩や。
原油高なんて関係ねーよと思えてしまう、無限のエネルギーを感じさせてくれる映画です。
南極から突然ゴジラのような物体が出てきたりと、どこまでも人を舐めております。


金賞:幻の湖

東宝最狂映画。何度見てもストーリーが理解できませんが。どんな感じかだけ書きましょう。

愛犬(シロ)が殺される→走る→走る→走る→→→走る→戦国時代→仇討ち→何故か宇宙

3時間映画で1時間以上はマラソンで消える映画なのですが。
爆風スランプのランナーが主題歌と言うでは無いです。

恐らくこの文章で理解できる方は、この映画を見た事のある方しかいないと思います。
2人同時に見てもお互い隣で見ている人に、ストーリーの説明ができないレベルです。



最優秀賞:死霊の盆踊り

邦画しか極力出さない、と書きましたが。カルト分野で見るとトップはこれしかありません。
ここまで来ると素晴らしいの一言で、ストーリーも1行で簡単に説明できます。

夜に墓場で幽霊が勝手にストリップを始めて、朝になったら勝手に映画が終る

話中の会話ですら「気味が悪い」「気持ち悪い」等しかありませんが。
その言う気持ちがよくわかります。スクリーン通しに見てるだけでも気味が悪いです。
映画はずっと踊って脱いでなので。同じシーンの使いまわしのような気がしますが違います。
それを調べる為に。何度見て、何度寝たか覚えていません。


最優秀俳優賞:水野晴男

最優秀監督賞:デヴィッドリンチ



後半ロクな映画を紹介していませんが、顔が引きつったり、色々な意味で笑えたり。
知っている同士だと異様に盛り上ったりする事もあるので、1度見る事をお勧めします。
ただ紹介した映画を見るに辺り、2つほど注意点があります。


ビデオレンタル屋に2・3件行って無いのが当たり前です


本当に疲れている時は見るな




映画を見た事による苦情は、当サイトでは一切受け付けておりません。
2008年02月17日
posted by なおなお at 14:42 | IT 株式 ニュース

YAHOO 買収の盛り下がり

以前は当ブログでも、YAHOO買収については取り上げていましたが。
大量資金と言う、最強の武器があるMSの前に対抗手段も無く。
YAHOO経営状態を見ると受け入れるか、YAHOO 独自経営以で書いたよう、身切りするかでしょうが。
ヤン氏のMS嫌いが。死んでも治らないと思うので、長引くのも仕方ないと思いますが・・・

Google が引いたよう、大手から見放されて行くと、YAHOO株値は下落一方だと思います。

そうなると何故かYAHOOの!JAPAN<4689>が下がる訳で、
YAHOOが下がると日本IT全体下がる可能性が高い、悲惨なインターネット社会。


楽天の三木谷社長は、以下のようにインターネット将来性を強調しています。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/15/news110.html
「正直言ってウチは関係ないので、やじ馬的に見ている」とした上で、Yahoo!買収を仕掛けた米Microsoftに加え、米News Corp.もYahooの提携先として浮上してきた現状を冒頭のように評した。その上で、将来性からすると「ネット株はディスカウントされ過ぎだと思うし、もっと高くてもいい」
とりあえず株価が今の倍あった時代に戻りたい。と言う気持ちは伝わると思いますが。
ちゃんと書いて欲しい所もありました
×「正直言ってウチは関係ないので、やじ馬的に見ている」
○「正直規模が違いすぎて話しにならないから見てるしかない」

ネットの将来性の高さは認めます。
ユーザーは英語と言うだけで、すぐブラウザを閉じてしまう方が多く。
開発力、資金面でも確実に劣る日本で、この理論が通じるとは思えないのですが・・・
国際化とオープン化が進む程。人口も少ない分、日本のIT価値は下がると思います。


ちょっと話がズレて。Tribune New York Times、Gannett Hearst
と言う米メディア4社が、合体してロボットになる訳でも無く。
quadrantONE と言う、オンライン広告等の会社が出来るようですが。

影響を受けてか、どんどん大型化していきますね。


凄まじいまでに脱線して終りましたが。来週進展が無ければ。
もう飽きたので、このコンテンツもニュースに合併吸収されます。

<ヤフー>MSの買収提案めぐり取締役会が不協和音
2月16日13時1分配信 毎日新聞


 【ワシントン斉藤信宏】インターネット検索大手、米ヤフーの取締役会が、ソフトウエア世界最大手のマイクロソフト(MS)から受けた買収提案をめぐって揺れている。

 米ニューヨーク・ポスト紙(電子版)は15日、ヤフーが買収提案拒否を決めたことについて「『感情的な決定』と見ているグループがある」と、取締役会内部の不協和音を報じた。ロン・ボストック会長のほか複数の取締役がジェリー・ヤン最高経営責任者(CEO)と距離を置いており、ボストック会長らは「MS嫌いのヤン氏が感情的になり、株主への最大限の利益という観点を見失っているのではないか」と懸念しているという。

 ヤフー取締役会は、ネット検索最大手グーグルやメディア大手ニューズ・コーポレーションとの提携を模索しているが、いずれも容易には進みそうにない。ヤフー株主の間でも、第2位株主の投資会社レッグ・メイソンがヤフー経営陣にMSとの交渉に応じるよう求めるなど圧力が強まっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080216-00000039-mai-bus_all
2008年02月16日
posted by なおなお at 22:36 | IT 株式 ニュース

Google対策

と言うタイトルを付けると、どうしてもSEOになりそうだが今回は違う。

管理人のブラウザは、昔からGoogleが初期設定になっている。
ログインすると高確率で英語になる、と言う現象を防ぐ対策をしていただけなのだが。
ちなみに今の所ログインすると、英語化されるページの確立はこのぐらい。

ログインTOP 50% フィーフティーフィーフティー (by hide)
AdSense   0%  トップは英語でも何故かアドセンスは日本語表示される
Analytics  5% ほぼなる事は無い
Blogger 不明 アカウント作成以来使ってないので不明
Gmail  80%  ほとんどの確立で英語化決定
iGoogle  50%  ウィジェットの追加等をしない限り0%、追加をすると100%
webmaster 100% 最近日本語で見た事が無い
リーダー 100% 同上


念のため、他のPCで試してもやはりダメ。
ブラウザを色々変えてみたりしたのだが、やはりダメ。
デペロッパID辺りが原因になっているのかも知れないが・・・・

最後の手段として個人情報の設定で、国名 日本 タイムゾーン GMT+9 東京


・・・・・・・・・・

・・・・・

・・


何故かブラウザの初期ページがGoogle.comの方に変更される。
と言う意味不明の現象が起きた為諦める。


検索エンジンの対策より、難しいかも知れない思った日。

追記:
アドセンス日本語ガイドブックが、Google公式ブログから落とせるようになりましたよ。
2008年02月14日
posted by なおなお at 16:09 | IT 株式 ニュース

YAHOO AOL を買収の可能性

MSによる買収を拒否したYAHOOはこのまま、GoogleのOEMを行うと思ってました。
YAHOOのAOL買収と言う、選択肢は正直考えていませんでしたね。
と言うより正直、現実味が薄かったので入れてませんでした。下は抜粋になりますが。
Yahoo!の取締役会は2月8日に同社の経営陣や財務および法務アドバイザーらと電話会議を行い、「Microsoftによる買収提案はYahoo!のブランド力や世界中に広がるユーザーのほか、広告プラットフォームや将来の成長分野に対する投資、フリーキャッシュフロー、潜在的収益力、Yahoo! JAPANやAlibabaへの投資など、Yahoo!の価値を正当に評価していない」との結論に達したという。

ユーザー数は流石に認めますが、広告プラットフォーム成長に関しては未知です。
逆に投資した分が無駄にならなければ良いのですけが・・・

潜在的収益力を正当評価していない。と言うのはYAHOOの主張ですが。
収益が落ち続けている現状や、上がり要素が見当たらない状態で見ると。。
投資家と言う者は、経常利益だけでは無く。企業の成長性も等を考えた上で。
このような現在の株値に落ち込んでいますので。
潜在的収益力がある、という主張は多少無理がある気がします。


ただこの辺りあくまで建前上で、YAHOOのマイクロソフト嫌い。と言う本音があると思います。


AOLに話を移し、TimeWarnerではAOLでのネットサービス事業と。
ポータル広告事業での、分離独立と言う話が出ております。
そんな訳で、前にGoogle AOL 買収の話も出ていたのですが。
実際まだ分離していなく、分離が実現するまでに時間を要する訳であり。

AOLの分離が完了する頃には、YAHOOが買収しようと思っても。
google MS等の他企業が上乗せで買収しているか。
YAHOOが買収できる状態で無い。既に買収されている可能性もあると思います。

個人的意見ですが、やはりYAHOOのAOL買収に関しては無理がある気がします。


Itmedhiaのフレーズが「ITの今が見える、明日が分かる」ですが。
TI業界だけでも明日が判ってしまうと、株だけで大儲けできそうです。
ちなみに最近、コロコロ名前が変わっている当ブログでは。
「ITの今日は分かるが明日は分からず」です。明日なんて出来る訳ねーです。

正確な宇宙時間と位置がわかれば、未来の結果がわかると、どこかで見た気がしますが。
両方ともわかりようが無いので、やっぱり明日はわかりません。


凄く脱線してどうでもいい話で終わりましたが、いつもの事なので気にしないで下さい。


参照:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/12/news066.html
あいてぃーめでぃあ
2008年02月12日
posted by なおなお at 21:19 | IT 株式 ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。