ブラックホールは無い?

やあ (´・ω・`) ようこそ、
と書きたい所なのだが。ネットで「ブラックホールは存在しない」と言う論文があった。
私が自作自演で書いた物ではなく、海外の有名な方が書いた文章なので安心して欲しい。
しかし何を検索していたら、そんな所に行き着くのかと自分でも思ってしまう。

簡単に要約すると。ブラックホールが強い重力を持ってるのは認めるが。
光が逃げられない地点で粒子と反粒子が生成されて、ブラックホールはゆっくり蒸発する。
対になった粒子の片方はブラックホールに落ち、一方はかろうじて脱出できるはず。
したがって、数十億年から数兆年を経るうちにブラックホールは質量を失うというのだ。

来月で2008年になると思うと。数十億から数兆年の差は凄まじいと思うが・・・
この手の話でそのような細かい年月は気にしてはいけない。
しかし、存在しなかったら「ブラックホール爆弾」はどうなるのだろう?
ちなみに下はちゃんとした論文である。

ブラックホールは無い
2007年12月03日
posted by なおなお at 13:33 | IT 株式 ニュース

日本も外国も変わらないスパムメール

exciteを見ていたらこのような記事があった。

☆迷惑メール、どんなタイトルが多い?
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091195048266.html

一位が「お問い合わせありがとうございます」と言うのは以外だった。
だがやはりスパムメールの主流は、知り合いや母親等を装って出す物のようだ。
私のメールアドレスには、海外からも結構迷惑メールが届くが。
日本と同じ感じで来るの物も多いが、直球で書いてあるのも多い。

Make Money 15 Minutes From Now
LasVegas bonus 555 euro
Interesting news for you
i want to write to u, dear

こんな感じなので見ていると、やはりりどこも同じ手段なのだと思う。
出会い系だろうが、アフィリの勧誘だろうが正直同じような文章ばかり届くので。
私のメーラーは、ASPからの連絡メールも結構自動削除している。

1日500通以上来る迷惑メールの中。
タイトルで一番インパクトがあった物と言えばやはり。
天皇の座に即位しませんか?
これに勝る物は無い。
届いたのは半年程前だが、このメールは消すのが勿体無く保存してある。
このタイトルを書いた人は、よく思いついたと逆に関心する所はある。
アフィリエイト勧誘に使われる、馬鹿の一つ覚えの「儲かります」。
出会い系の「○○円渡します」等よりは、一瞬の広告成果はあっただろう・・・

天皇の座に即位しませんか?
2007年11月28日
posted by なおなお at 23:21 | IT 株式 ニュース

Techlightenment  Life 2.0

Life2.0と言っても、リンデンラボの「セカンドライフ」ではない。
誇大広告入りまくりで来日し、現状で遊ぶ側のユーザーからは見放されているが。
今でも企業にとっては、Webビジネスモデルの研究所のようには使われている。
そんなどうでもいい話は置いておいて。
Inbox2.0」は前に説明しているが、「Techlightenment」の「Life2.0」は説明していなかった。
一応日本語訳サイトがあるのだが、内容が少ないので本家へ行って来た。
当然英語なのでエキサイトで翻訳をしてみたが、タイトルを見ただけで元に戻した。

Stealth-mode app turns InBox 2.0 into Life 2.0
November 15 Mike Butcher
 ↓
こっそりモード装置はInBox2.0をLife2.0に変えます。
11月15日のマイク肉屋

このようになるので、やはり翻訳サイトは技術向けサイトには使えない。
早々と諦めて英語を読むので、管理人のライフは0.0である。
今日は話が脱線しすぎている感じがするが気にしないで欲しい。

Techlightenmentの言いたい要点だけ書こう

「Socialistics」はGoogleやYAHOOより優秀だぜHAHAHA

と言う結論になるのだが、当然書いているのが自社サイトの為信用はしていない。
しかし、Facebookには参加できるようなので今から参加して来ます。

参考
TechCrunch Japanese アーカイブ ≫ Life 2.0が利用できるのに、InBox 2.0を必要とする人なんていない
http://uk.techcrunch.com/2007/11/15/stealth-mode-app-turns-inbox-20-into-life-20/

Who needs InBox 2.0 when you can get Life 2.0?
http://jp.techcrunch.com/archives/who-needs-inbox-20-when-you-can-get-life-20/
2007年11月23日
posted by なおなお at 23:05 | IT 株式 ニュース

Inbox 2.0

Inbox 2.0と言うタイトルは誤字では無い。
GoogleとYahooがWebメールをSNS化させようとしているらしく、
そこで産まれる可能性があるかもしれない用語である。
Yahoo!のガーリングハウス氏がこれをInbox 2.0という構想の一部と表現した。
Googleの製品管理ディレクター、ジョー・クラウス氏も、iGoogleをもっとソーシャル化する機会はあるとコメントしている。
この調子だと、Web3.0より前に新しい言葉が色々と出てきそうだ。
しかし、個人的に何でもSNSのようにするのもどうかと思う所もある。
日本でSNSと言えば、すっかり寂れてしまったMixiがあると思うが。
今や犯罪(暴露)と、未だに情報教材を売りつける馬鹿の巣窟に近い。
前にも書いているが個人的、ああいった物は嫌いなので鬱陶しい事この上ない。
GoogleやYAHOOの、Webメールが等がSNS化され。そう言う輩が現れると思うと嫌になる。

だが今回それ以上に問題になるのが、セリュリティとプライバシーだろう。
以前携帯電話会社が、Googleカレンダーをミスにより公開設定にしていて。
情報漏れ等があったように。個人だけではなく。
ターゲットには企業も含まれているので。うっかりミスが洒落にならない。

何でも共有する時代になっているが。共有した情報を生かす、と言う点から見ると。
現在の共有システムはあまり役に立っていないような気がする。


ちなみに、なおなおの楽しみは実現された時、ミクシィの株価がどうなるかにある。
2007年11月22日
posted by なおなお at 17:03 | IT 株式 ニュース

貸金業規制法 サラ金規制法 改正

今年の12月に「貸金業規制法」(サラ金規制法)が改正されるようですが。
恐らく私もA8.netを通してモビットから通知が来なかったら忘れていたでしょう。

>現在ご協力頂いている弊社プログラムにつきまして、12月の法律改正により、
>提携基準の大幅な見直しをさせて頂くこととなりました。

結構色々なサイトが契約解除されていましたが。
しかし、施行前のこの素早い対応。今までグレー(ブラック)行為をしていた。
と言うアピールに見えるのは、ひねくれ者の管理人だけでしょうか?
健全な会社であれば、施行前も後も変わらないと思うのですが。
・・・この業界にクリーンを求めてはいけないですね。
金融カード会社のアフィリエイト解除通知がまだ来る気がしますが。
後でまとめて対応の早かった順番に書き出しましょう。
ちなみに、細かい事まで知りたい方は貸金業法改正の解説ページに行って下さい。
大雑把には下の様に変更されるようです。毎度の事ながらwikiの引用です。


貸金業の適正化
参入に必要な純資産額の引上げ(現行の個人300万円・法人500万円から、施行後1年半以内に2000万円に、上限金利引下げ時に5000万円以上に順次引き上げる。)
貸金業協会の自主規制機能の強化
夜間に加え日中の執拗な取立て行為の規制
借り手の自殺による生命保険金による弁済禁止
公正証書作成のための委任状取得の禁止
利息制限法を越える契約についての公正証書作成の嘱託の禁止

過剰貸付けの抑制(総量規制)
指定信用情報機関制度の創設(施行から1年半以内)
1社で50万円、又は他社と合わせて100万円を超える貸付けを行う場合には、源泉徴収票等の提出を受けることを義務付け、年収等の3分の1を超える貸付けを原則として禁止する(施行から2年半以内)。

グレーゾーン金利の廃止
みなし弁済制度の廃止(施行から2年半以内)
利息制限法所定の制限利率(15%〜20%)と出資法所定の上限利率(20%)の間の金利での貸付けについては、行政処分の対象とする。
日賦貸金業者及び電話担保金融の特例の廃止

ヤミ金融対策の強化
ヤミ金融に対する罰則最高刑を、懲役5年から懲役10年に強化する(この部分は公布から1か月後に施行)。
posted by なおなお at 13:00 | IT 株式 ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。