百度 が成功するとは思えない

中国企業である百度、は検索エンジンのシェアとしては世界3位だが。
世界人口の25%を占めている国が推奨しているので。何とも言えない数値だと思う。

そして百度は、日本での携帯向けサービスにも進出しようとしているが。
その話題の前に、百度を見てもらうと判るかもしれないが。
ウェブ検索・画像検索・ブログ検索、大体の機能面は他と変わらない。
と言うよりも、他の検索エンジンと機能的な大差は無い。

http://www.baidu.jp/


百度を採用する携帯会社はあるのだろうか?

既に百度は中国で、違法コピーされた音楽ファイルの流通の助長行為で。
各国レコード会社が訴訟を起こしているが、日本だと厳しくなるのは目に見えている。
色々問題が多い国が開発している為。日本企業との提携は難しいと思う。

自国で大人しくしていろ、と言うのが管理人なおなおの本音である。

参考:百度、本気で日本の検索エンジン市場に参入する けど:渡辺隆広のサーチエンジン情報館 - CNET Japan
http://japan.cnet.com/blog/takawata/2008/01/24/entry_25004466/
2008年01月27日
posted by なおなお at 01:50 | IT 株式 ニュース

ブログ消滅

記事投稿中突然エラーで、ブラウザが落ちると共にブログが消滅しました。
復旧までしばらくお待ち下さい。
2008年01月22日
posted by なおなお at 21:25 | IT 株式 ニュース

OpenID Google の追走をする YAHOO

SNSやブログ等の共通ID(ソーシャルグラフ)として、米googleがOpenSocialを提供し。
米YAHOOがサポートしたので、OpenIDのユーザー数が4億近い事になっています。
複数アカウントや凍結している物もあるでしょうから、実数値は下がるとは思いますが・・・

マイクロソフト ヤフー グーグル

この3社が今のWebを牽引して来た。と言ってもいい程ですが現状を見ると。
 MSがつき ヤフーがこねしWeb餅 1人利益を貪るグーグル
グーグル幕府ができてしまいそうですが、経常利益も併せるとどうしてもそう見えます。
関が原の戦いが。検索エンジンのシェア争い、AdsenseとYPNの広告争いでしょうか。
MSNにも adCenter と言う物があった気がしますが、記憶の片隅に飛んでいきました。

下記URLは2007年度の検索エンジンのシェアをまとめているサイトですが。(英語)
http://www.comscore.com/press/release.asp?press=1984

Google 58.6%(前月比0.2増) Yahoo 22.4%(先月比0.4減) MSN 9.8%(同先月)

国内では利用者が多いYNS(ヤフー検索エンジン)なのですが。
世界規模で見ると、日本人の利用者が多かろうが、人口の差は埋まらないです。


Web業界において、ヤフーは確かにスタートダッシュが良く。ユーザー数の確保に成功しました。
しかしそのユーザー数を生かした、サービスの提供できなかったと言う問題があります。

その後はGoogleの後追いで、グーグルのシェアを切り崩す事をできる物が無い。
私の目から見た、YAHOO!の経営と言うのはそんな感じがします。
ヤフーにミスターシービー(競走馬)並みの追い込みがあれば別なのかもしれませんが。
何かのキッカケが無い限り、これからもその状態が続くと予想してます。
経営が日本人的な発想なのかも知れませんが。
ここで言っているのは米YAHOO!の事であり、YAHOO!JAPANに関しては論外です。

ちなみにマイクロソフトに関しては、わざわざXboxで自滅せず。
その分をOSやソフト開発。Webに回していればもう少し良かったと思います・・・


関連記事:OpenID
2008年01月21日
posted by なおなお at 12:48 | IT 株式 ニュース

スパイダーマン3を超える間違い映画

2007年最も間違いだらけの映画は『スパイダーマン3』(シネマトゥデイより)
http://cinematoday.jp/page/N0012385

今年の間違い映画ランキング
1位 157か所 『スパイダーマン3』
2位 62か所 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』
3位 46か所 『ダイ・ハード4.0』

頭の中で「スパイダーマン3」を間違えだらけと言うと、「シベリア超特急」等はどうなるんだろうと思ったのですが。
既に「存在自体間違っている」映画でしたので、気にする事では無かったようです。
だが今年は、間違いだらけと言う分野に置いてだと、157箇所なぞ軽く超える強敵がいると思います。





一応見ましたが「死霊の盆踊り」「幻の湖」「妖星ゴラス」と等速度で眠りの世界へ旅立ちました。
これに「間違いを探して見る」と言う縛りが入ると、発狂や暴走が起きても不思議では無いとは思いますが。
審査員達も、その辺りの空気を読んでいるのか「D-WAR」に関する事が書かれていません・・・

悪い事ばかり書いてるようにも見えますが、勝手に眠らせてくれる体に優しい映画ですので。
睡眠不足の方は一度見てはいかがでしょうか?
2007年12月30日
posted by なおなお at 08:55 | IT 株式 ニュース

YAHOO アドパートナー

昨日から始まった、YAHOO!JAPANが提供している「YAHOO!ウェブオーナーセンター」にて。
アドパートナーと言う、コンテンツマッチ広告が始まりました。
しかし、管理人の独断と偏見で言うと「失敗」に終わると思います。
アフィエイトリの儲け方等とは、全く関係無い内容なので間違って来た方すみません。

日本でも10月に、ヤフーはコンテンツ広告会社であるブレイナーを子会社化しており。
「そのまま使えばいいんじゃね?」とも思いますが、「YAHOO!」と言う「ブランド名」の意識でしょうか。
「ブレイナー」では「AdSense」に負けていますので、「アドパートナーは負けてない」と言えます。
既に海外で決着が付いているのですが、また孫が暴走したのでしょうか。
米YAHOOでも「YPN」(Yahoo Publisher Network)が既にありますが、使いたいと思え無いです。

GoogleやYAHOOの提供している、アドセンスアドパートナー等のコンテンツマッチ広告ですが。
これらは、新聞社やテレビ局等の大手メディアでの利用を願っており。
個人のアフェリエイターは、正直どうでもいいと言う感がたっぷりです。
日本のニュースサイト等の広告では、殆どアドセンスを導入していますが。
海外でも残念ながら、YPNを採用しているメディアをほとんど見た事がありません。
YPNとAdsenseで利益が35〜40%違う、と言う結果が出るので仕方ないのかも知れません。
2007年12月15日
posted by なおなお at 16:43 | IT 株式 ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。