ソフトバンク <9984> − 自滅の予感

筆頭契約候補であったNTTドコモは、Appleへの還元金が高いと言う事で諦め。
今の所ソフトバンクが、販売代理店の形を取ったがというのは事実だが。

こちらは予想になるが、ドコモは無理にアップルと契約する必要ないだろう・・・・・
既に携帯事業でドコモとGoogleは提携している。
Googleは少し遅れるが、ホワイトスペース周波数と言う。
今の光通信より、数100倍もの通信速度の計画も行っている状態だ。

参考記事:Google WiFi 2.0 ホワイトスペース周波数


「ホワイトプラン」と言うただの値下げで、他ブランドも簡単に真似ができる販売方法。
しかし、それでいくらシェアを伸ばしていても、学生と言うターゲット層の室が悪すぎる。

そして過去にも色々実績のある、ソフトバンクの通信技術で。
iphoneが本当に快適に動くのか?と言うのが一番の問題だとは思う。
YAHOO!のADSL開通時のような事が、起きる可能性は否定する気も無い。


長い前フリだったが・・・・SEOブログでも書いているように。
最近は、非常に営業電話がウザイので、とっとと帰って欲しいと言う本音である。

2008年06月07日
posted by なおなお at 03:48 | 携帯 i touch

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。