Google WiFi 2.0 ホワイトスペース周波数

Googleがホワイトスペース帯域を使用した通信規格を発表した。
発音が似ているだけで、ガンダムのホワイトベースとは無関係である。
データ転送速度が1秒間数十億ビットと、光通信より100倍程のスピードとなる。

P2Pでの動画共有を使用にしている方しか、必要なさそうな転送速度だが。
もし実現されると、グーグルの電気代が更に上がりそうな転送量である。
今回はYOUTUBEの方が跳ね上がるだろうから、電力会社は嬉しいかも知れない。
管理人は、Googleのトイレに「節電」等が張ってあるかと疑問に思った事もある。
・・・・脱線が酷くなってきたので話を戻すとしよう。


ホワイトスペース周波数帯とは

テレビのデジタル放送以降する際、利用可能となる地域無線波であり。
チャンネルの間に存在する、未使用状態の放送周波数帯。
簡単に説明すると、チャンネルの隙間にある使われていないの周波数の事。
言うまでも無く、2ちゃんねるとも全く関連が無い。
Googleではこれを、2009年末までに利用するとの計画だが。
携帯端末の、Googlephoneが試作機になるのだろうか?


ミノフスキー粒子とは

機動戦士ガンダムに登場する、ミノフスキー物理学の根幹を成す素粒子の一種。
ミノフスキー粒子が散布された空間で、自身よりも大きい物質を通さない。
ニュータイプ同士での、感応波(サイコウェーブ)と共鳴する等の性質を持つ。
麻宮アテナが使うサイコパワーと、サイコウェーブも無関係である。
この部分自体も無関係だが、ホワイトベースの名前が出てきたので書きたかった。


参考:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/25/news112.html
2008年03月26日
posted by なおなお at 07:13 | IT 株式 ニュース
コメントを書く
お名前: HP:
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL http://blog.seesaa.jp/tb/90980258 

この記事へのトラックバック

スペース
Excerpt: Google WiFi 2.0 ホワイトスペース周波数Googleがホワイトスペース帯域を使用した通信規格を発表した。 発音が似ているだけで、ガンダムのホワイトベースとは無関係である。 データ転送速..
Weblog: うたばん 動画 news youtube 閲覧
Tracked: 2008-03-26 08:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。