YAHOO AOL を買収の可能性

MSによる買収を拒否したYAHOOはこのまま、GoogleのOEMを行うと思ってました。
YAHOOのAOL買収と言う、選択肢は正直考えていませんでしたね。
と言うより正直、現実味が薄かったので入れてませんでした。下は抜粋になりますが。
Yahoo!の取締役会は2月8日に同社の経営陣や財務および法務アドバイザーらと電話会議を行い、「Microsoftによる買収提案はYahoo!のブランド力や世界中に広がるユーザーのほか、広告プラットフォームや将来の成長分野に対する投資、フリーキャッシュフロー、潜在的収益力、Yahoo! JAPANやAlibabaへの投資など、Yahoo!の価値を正当に評価していない」との結論に達したという。

ユーザー数は流石に認めますが、広告プラットフォーム成長に関しては未知です。
逆に投資した分が無駄にならなければ良いのですけが・・・

潜在的収益力を正当評価していない。と言うのはYAHOOの主張ですが。
収益が落ち続けている現状や、上がり要素が見当たらない状態で見ると。。
投資家と言う者は、経常利益だけでは無く。企業の成長性も等を考えた上で。
このような現在の株値に落ち込んでいますので。
潜在的収益力がある、という主張は多少無理がある気がします。


ただこの辺りあくまで建前上で、YAHOOのマイクロソフト嫌い。と言う本音があると思います。


AOLに話を移し、TimeWarnerではAOLでのネットサービス事業と。
ポータル広告事業での、分離独立と言う話が出ております。
そんな訳で、前にGoogle AOL 買収の話も出ていたのですが。
実際まだ分離していなく、分離が実現するまでに時間を要する訳であり。

AOLの分離が完了する頃には、YAHOOが買収しようと思っても。
google MS等の他企業が上乗せで買収しているか。
YAHOOが買収できる状態で無い。既に買収されている可能性もあると思います。

個人的意見ですが、やはりYAHOOのAOL買収に関しては無理がある気がします。


Itmedhiaのフレーズが「ITの今が見える、明日が分かる」ですが。
TI業界だけでも明日が判ってしまうと、株だけで大儲けできそうです。
ちなみに最近、コロコロ名前が変わっている当ブログでは。
「ITの今日は分かるが明日は分からず」です。明日なんて出来る訳ねーです。

正確な宇宙時間と位置がわかれば、未来の結果がわかると、どこかで見た気がしますが。
両方ともわかりようが無いので、やっぱり明日はわかりません。


凄く脱線してどうでもいい話で終わりましたが、いつもの事なので気にしないで下さい。


参照:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/12/news066.html
あいてぃーめでぃあ
2008年02月12日
posted by なおなお at 21:19 | IT 株式 ニュース
コメントを書く
お名前: HP:
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL http://blog.seesaa.jp/tb/83738755 

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。