ウェブ広告実験

アフィリエイトや アフィリと、一般的に呼ばれる事が多いが。
ウェブサイトにある、全ての広告がアフィリエイトと言う訳では無い。

・月極
月や週単位で値段を付けて固定で貼って貰う。インプレッション数で上乗せされる事もある。
どう間違っても、駐車場の事では無い

・コンテンツマッチ
Google アドセンスYAHOO アドパートナー の様にRSSを読み。
サイトのキーワードに対し、有効と判断された物が表示される。

・バナー(テキスト)
A8.net バリューコマース の様なASPと提携し、ユーザーが選択し貼る広告


あまりにも基本的な為、馬鹿にしてるのかと言われそうだが。そんな事を書きたいのでは無く。
意外と不思議な現象があった為、今日の記事を書きたかった。


実験内容 日曜日か土曜日に、ここのサイトの広告を1日全て消した

実験結果 一気に直帰率が上り、PV数が下がる


サイトに広告があると、見ている方に取っては邪魔と思われそうだが。
今は全く広告が貼って無いと、逆に変と見られるのかも知れない。
この辺りは集団心理学の分野に入るのだろうか、臨床で無い事は確かだと思うが。

ちなみにこのサイトは、リーブ21の広告がよく表示されるのですが。、
アクセスアップ の アップ や 伸びる と言う単語と結びついているからですか。
2008年02月06日
posted by なおなお at 02:33 | 無料 ブログ SEO
コメントを書く
お名前: HP:
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。