ブラックホールは無い?

やあ (´・ω・`) ようこそ、
と書きたい所なのだが。ネットで「ブラックホールは存在しない」と言う論文があった。
私が自作自演で書いた物ではなく、海外の有名な方が書いた文章なので安心して欲しい。
しかし何を検索していたら、そんな所に行き着くのかと自分でも思ってしまう。

簡単に要約すると。ブラックホールが強い重力を持ってるのは認めるが。
光が逃げられない地点で粒子と反粒子が生成されて、ブラックホールはゆっくり蒸発する。
対になった粒子の片方はブラックホールに落ち、一方はかろうじて脱出できるはず。
したがって、数十億年から数兆年を経るうちにブラックホールは質量を失うというのだ。

来月で2008年になると思うと。数十億から数兆年の差は凄まじいと思うが・・・
この手の話でそのような細かい年月は気にしてはいけない。
しかし、存在しなかったら「ブラックホール爆弾」はどうなるのだろう?
ちなみに下はちゃんとした論文である。

有名な科学コメンテーターであり、「インテリジェント・デザイン」(知的計画、ID)陣営にとっては目の敵的存在でもあるケース・ウエスタン・リザーブ大学の物理学者、Lawrence Krauss氏が、興味深い論文を発表した。

従来説明されてきた形態のブラックホールは存在不可能であると考えれば、ブラックホール理論の大きな矛盾が解決されるというのだ。

ブラックホールは限りなく強い重力を持つと考えられているが、この特性から、Stephen Hawking博士が1974年に初めて指摘した有名な問題が生じている。量子理論によって仮定される粒子のランダムな動きのために、事象の地平線[日本語版注:ブラックホールの外縁部のこと]と呼ばれる、非常に重力が強いため光でさえ逃げられない地点ににまたがる場所で粒子と反粒子の対が生成されるにつれて、ブラックホールはゆっくりと蒸発するはずだというものだ。

Hawking氏の筋書によると、対になった粒子の片方はブラックホールに落ち込むが、もう一方は、かろうじてではあるものの、脱出できるはずだという。したがって、数十億年から数兆年を経るうちにブラックホールは質量を失うというのだ。

このように予言された現象は『ホーキング輻射』と呼ばれ、まだ観察されたことはないものの、30年以上もの間物理学者たちを悩ませてきた。

6月21日(米国時間)に発行された『ScienceNOW』のレポートでは、「なぜ光を逃さないはずのブラックホールで、同時に漏れが発生するのか?」と問いかけている。

Krauss氏の答えはこうだ――Hawking氏の示した謎はひっかけ問題だ。アインシュタインの一般相対性理論のもとでは、時間は相対的な特性を持つ。ゆえに、時間は事象の地平線で停止するはずだ。そのため、そこに近づくものはすべて、ブラックホールに落ち込む前に停止するため、ブラックホールはそもそも形成されないのだという。

Krauss氏は、ケース・ウエスタン・リザーブ大学の同僚と共同で著した論文の中で、われわれがブラックホールだと思っているものは、非常に強い(ただし無限ではない)重力を持つ星の遺物が誤認されたものである可能性があると、述べている。

関連するワイアードマガジンの記事はこことここにある(英文)。

ScienceNOWの記事「ブラックホールは存在しない?」(英文)を参考にした。

http://wiredvision.jp/blog/wiredscience/200706/20070629135013.html
2007年12月03日
posted by なおなお at 13:33 | IT 株式 ニュース
コメントを書く
お名前: HP:
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。