PS3の今後

10月10日に、PS3値下げだが、ソニーに売る気は無いと言う記事を書いているが。
やっと11月26日に、新型PS3が週間ベースでWiiの販売台数を上回る結果が出た。
月間ベースも、PS3の12万4836台に対し、Wiiは11万2069台と上回りそうな見込みが出ている。
ある程度予想していた展開なのだが、PS3の今後はどうなるだろうかと考えて見た。

今後も同じように、巻き返しがある程度続くと見ている。
月間・週間ペースで販売台数が上回ろうが、Wiiとの販売台数差は歴然となっている。
多少の巻き返しがあった所で、既に買われている台数の差は大きい。
ただ今年のクリスマス商戦用ソフトとしては、とてもではないが勝負にならない。
どんなソフトを出そうが、任天堂が「マリオ」「ポケモン」「ゼルダ」の名物を出されると負ける。

Wiiの弱点:ハード機の性能とグダグダ感が漂っているソフトのラインナップ
PS3の弱点:、開発費の高さと普及率の低さ
普及率はこれからカバーできるだろうが、開発費は抑えるのが難しいと思う。
WiiやDSと同じ路線のソフトでも出していれば別だろうが・・・
「ハードとしての決着は付いた」大手証券ゲームアナリストが言っているが。
実際にPS3が巻き返せるとすれば「ファイナルファンタジー」のような、
海外にまで影響を与える事が出来るゲームの発売環境を提供してからだろう。
あの適当に作られた「ガンダム無双」がPS3の性能だとは思わない。

年内で見ると決着が付いてますが、実際の決着はまだじゃないでしょうかね。
ただ今のFFシリーズはどうかと思いますけど・・・(FF7以降はしなくなった管理人)
説明口調なのと、適当な所の差が酷いのは色々理由があるのです。
2007年11月26日(月) 14時21分
ソニーが続伸、新PS3投入で販売台数がWiiを逆転、月間ベースでも上回るペース


 ソニー <6758> が続伸、320円高の5580円まで買われている。エンターブレインの調査によれば、「プレイステーション3(PS3)」の販売台数が任天堂 <7974> 「Wii」の販売台数を週間ベースで初めて上回ったことが分かった。
 11月第2週の販売台数はPS3の5万5890台に対し、Wiiは3万4820台。第3週もPS3が5万2816台、Wiiは3万6413台となっている。11日に発売されたPS3の40GバイトHDD搭載モデル(3万9980円)の好調が要因。月間ベースでもPS3の12万4836台に対しWiiは11万2069台で、11月の月間販売数はPS3がWiiを上回りそうだ。
 PS3とWiiについては一部で、「ハードとしての決着は付いた」(大手証券ゲームアナリスト)とされるが、「ブルーレイ再生機の『家電』として見た場合、決して終わったわけではない」(別の大手証券電機アナリスト)との声もあり、PS3が巻き返しとなるか注目される。


http://charge.biz.yahoo.co.jp/vip/news/kab/071126/071126_mbiz128.html
2007年11月27日
posted by なおなお at 16:06 | ゲーム アニメ
コメントを書く
お名前: HP:
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。