iPod touchまとめ

昨日、あれから色々調べてみた事をまとめて見た。
基本的な性能をWikiから
液晶(480×320ピクセル at 163 ppi)4:3をアスペクト固定で引き伸ばした場合約427×320ドットになる。
フラッシュメモリを搭載し、容量は8GBと16GBの2種類。
無線LAN(IEEE 802.11b/g)による通信機能。
Safariによるウェブブラウズ(内蔵無線LANを利用)。
YouTubeプレイヤーによるYouTubeでの動画閲覧(内蔵無線LANを利用)。
iTunes Wi-Fi Music Storeに接続しiPod touch単体で音楽をダウンロード(内蔵無線LANを利用)。
方向感知センサーによる縦横の感知。
iPhoneと同様に、オペレーティングシステム (OS) にMac OS XベースのOS Xを搭載。
対応OSはMac OS X 10.4.10以降、Windows XP、Windows Vista、とiTunes7.4以降。

自分用メモ箇条書き

充電はUSB/FireWire経由で行い、アダプタは別売。

「iTunes Wi-Fi Music Store」
クレジットカードとiTunes Musicプリペイドカードのどちらかで購入できる。(視聴可能)
iPod touch内蔵のiTunesからアクセスし、曲や価格は通常と同じ。
購入した楽曲はPCと同期した時、PC側のiTunesに追加される。

再生可能な音楽ファイル
AAC、MP3、Audible、Apple Lossless、AIFF、WAV

動画
ファイルフォーマット .m4v/.mp4/.mov
H.264 上限1.5Mbps/640×480ドット 上限768Kbps/320×240ドット/30fps
MPEG-4 上限2.5 Mbps/640×480ドット/30fps

端子はDockコネクタとステレオ出力でイヤフォン付属。


問題点

iPod touch jailbreakを使用してハック可能。戻す事も可能。
セキュリティ面を考えると、まだ実用段階では無いかもしれない。

OSが独自OS路線で、MacOS XともBSDとも違い使用できないないコマンドが多い。
例:dynamic_pager / DirectoryService / netinfod / lookupd /diskarbitrationd

コマンドラインベースで使う事を考えるなと言う意見は却下。

IEEE 802.11b/gなので2.4GHz帯で11Mbpsしか出ない。
理論値なので現実は5M出ればいい方か。スカイプで通話はキツイかも知れん。


結論

値段と性能が合わないし中途半端で、「i phone」の実験機のような感じがする。
開発向けサイトを見ても、あまり面白い使い道が思いつかない。
と言う事は次の携帯は「N905」か「N705iu」になりそうだ。
ちなみに私は、9シリーズより7の方が内部処理が早いので好きである。
2007年11月15日
posted by なおなお at 13:21 | 携帯 i touch
コメントを書く
お名前: HP:
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。