核捨てますか?人民捨てますか?

人民を捨てた結果がこうなっている。全く持って阿呆としか言いようがない。
感染症予防と医薬品不足が深刻?それぐらい将軍様なら何とかしてくれるだろう。
放っておいて自滅するの待てばいいのにと、思うが。
放置プレイ→戦争→敗戦→敗戦処理→経済悪化
となるのが、目に見えているから援助してるんだろうなぁ・・・
半島2国+汚染国家と、どこまでも迷惑な3国が繋がっている。
ミャンマー方面にまで伸びない事を祈る。


感染症予防と医薬品不足が深刻、北朝鮮赤十字伝える

9月21日16時9分配信 YONHAP NEWS
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070921-00000027-yonh-kr

【ソウル21日聯合】北朝鮮は先月の水害発生以来、感染症予防に総力を上げているが、医薬品の不足と医療施設の破損で苦境にあると伝えられた。朝鮮赤十字会のキム・ウンチョル副書記長が、21日付の在日本朝鮮人総連合会機関紙「朝鮮新報」とのインタビューで明らかにした。被害地域での感染症まん延に懸念を示すとともに、上下水道設備の破損などで汚染された水が原因となり下痢や皮膚病などが発生する可能性もあるほか、寒くなってくれば風邪の流行も予想されると述べている。
 また、こうした問題に対処すべき保健機関も被害を受けており、562の病院が破損、2100の診療所で損失が発生しているという。倉庫が浸水し薬品が使用できなくなったり、患者の診療記録が水や泥で汚れ判読できなくなっているなど、現地の様子も伝えている。現在、下痢を訴える患者が多く、国際赤十字社・赤新月社連盟(IFRC)から支援を受けた薬品を輸送し緊急対応活動を進めていると紹介した。

 キム副書記によると、IFRCは6〜17日まで、1組当たり2000人が3か月間使用できる量の医薬品を積載した緊急救護物資(3万ユーロ相当)55組と、2000世帯分の生活道具、500枚のビニールテントなど、これまでに計120万ユーロ相当の物資を支援している。

 IFRCの緊急協力期間は約3か月間となっている。期限までに終えることができなければ6か月に延長することも可能だが、北朝鮮としては年末までに終える方針だという。残る期間内で被害地域に医薬品を供給し、医療器具と設備を郡・里の病院に補充した後、地方倉庫に緊急救護物資を備蓄する計画だ。


北朝鮮赤十字、赤十字ソウル総会に参加表明
2007年09月21日
posted by なおなお at 20:38 | 韓国的状況
コメントを書く
お名前: HP:
認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL http://blog.seesaa.jp/tb/80117787 

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。